シラバス

11月 5th, 2015

 (分野ごとの内容) 

  平成25年度入学生から学ぶ内容(シラバス)が以下のように新しくなります。

______________________________________________________________________
  基礎的科目 … ビジネス基礎
 商業科目のガイダンス的な基礎になる科目です。経済を支える仕組み(生産・流通・消費)、ビジネスマナー、外国人とのコミュニケーションなどを学びます。商品の流れや、企業の行う経済活動について知識を深めていきます。
______________________________________________________________________
  会計分野 … 簿記・財務会計Ⅰ・財務会計Ⅱ・原価計算・管理会計
 簿記は会社の規模、業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理するものです。簡単にいうと、最初に帳簿の記帳法を学びます。次に会社の成績表である「損益計算書」や会社の財産が分かる「貸借対照表」の仕組みや作り方を習得します。段階的に財務会計等を学び、目指すは夢の公認会計士や税理士へ!
______________________________________________________________________
  ビジネス情報分野 … 情報処理・ビジネス情報・電子商取引・プログラミング・ビジネス情報管理
 コンピュータやインターネットを利用して企業に役立つ情報を収集、処理、分析するための学習をします。ワープロ、表計算、データベース、プレゼンテーションなど会社で役立つ技術も身につけます。 他にも「ネットワーク」や「セキュリティ」など、より深い知識を基礎から学びます。プログラミング言語を習得し、将来はコンピュータ・エンジニアに!
______________________________________________________________________
  マーケティング分野 … マーケティング・商品開発・広告と販売促進
 お客さんが満足してくれる商品を探り、企画、販売に至るまでの知識技術を学びます。お客さんが商品を買うまでの意識や行動を調べて、商品開発や値段を決めたりします。自分たちで本物の商品を作ったり、企業とコラボレーション(共同企画開発と販売)しながら、実際に商品の販売をしている学校も多くあります。
______________________________________________________________________
  ビジネス経済分野 … ビジネス経済・ビジネス経済応用・経済活動と法
 経済社会における時代の変化を読み取る能力が身につきます。 「景気」や「需要と供給」、「国内総生産のしくみ」など経済を中心とした社会の仕組みについて学びます。「為替」や「金融」など、ビジネスマンがよく使っている言葉もわかります。自分たちの会社をつくるための知識も勉強できます。
______________________________________________________________________
  総合的科目 … ビジネス実務・総合実践・課題研究
 総合実践では1,2年生で学習した簿記、情報処理、ビジネス基礎などの商業科目の各分野における知識と技術を生かし、実際の会社を想定した模擬取引を実践します。さらに課題研究は、生徒自身が興味関心のあるテーマを選択し、自ら学び、探究し、問題を解決する能力を養います。コマーシャル動画の編集、インターンシップ、資格取得など各学校独自で様々な講座があります。
______________________________________________________________________