商業科の設置されている各学校からのニュースをお届けします。

【半田商業】第144回日本商工会議所主催簿記検定1級合格

1月 12th, 2017
コメントは受け付けていません。

平成28年11月20日(日)に実施された、第144回日本商工会議所主催簿記検定で、本校3年 池田 知花 さんが、

簿記検定1級を合格しました。本校では、実に20年ぶりの快挙でした。

なお詳細に関しましては、愛知県立半田商業高等学校ホームページをご覧ください。

【半田商業】全国高等学校情報処理競技大会 個人第3位入賞

1月 12th, 2017
コメントは受け付けていません。

平成28年7月24日(日)千葉県の明海大学にて、第28回全国高等学校情報処理競技大会が開催され、

本校3年 平田 諒河 くんが、日頃の練習の成果を存分に発揮し、個人部門で見事第3位に入賞しました。

なお詳細に関しましては、愛知県立半田商業高等学校ホームページをご覧ください。

[南陽高校]大学生との教えあい・学びあい交流授業

1月 11th, 2017
コメントは受け付けていません。

本校で「ビジネス経済応用」を受講する3年生が、椙山女学園大学現代マネジメント学部、水野ゼミで学ぶ大学生と交流授業を行いました。
本校生徒は、自分たちが学んだ消費者トラブルとその対処法について発表をし、大学生に注意を呼びかけました。
大学生からは、奨学金問題や少子化が経済に与える影響を教えてもらいました。
その後、実在する企業の利益率や株価を見比べ、オススメの会社を選ぶグループワークを行いました。
この取組は、金融経済教育を実施するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の橋渡しにより実現しました。

平成28年11月24日 中日新聞

【愛知商業】全経簿記検定上級合格!

11月 14th, 2016
コメントは受け付けていません。

難関の全経簿記検定上級に、2名の生徒が合格しました!

【合格者コメント3年生 山中維吹くん】 私には公認会計士になるという目標があります。そこで公認会計士への登竜門である全経簿記検定上級を受験することにしました。その中で私が合格のために必要だと思ったことが3つあります。1つ目は、間違えたところをしっかりと解き直しをすることです。問題が難しくなるほど、なぜ間違えたのかを理解する必要があると思いました。2つ目は、ともに合格を目指し、教え合うことのできる友達の存在です。辛い時にはともに励まし合うこともできます。3つ目は、諦めない気持ちです。点数がなかなか上がらない時も、問題を解き続ける事で自分の苦手な範囲や解くコツがわかってきます。そして、何よりも先生方や両親のサポートがあったからこそだと思います。皆さん本当にありがとうございました。

【合格者コメント3年生 青山美郷さん】 私は、愛知商業高校に入学し、簿記に出会い、この科目が好きになりました。2年生の学科選択では迷わず経理科を選択し、日商簿記検定2級に合格してからは、日商簿記1級や全経簿記検定上級の合格を目指してきました。授業の内容はどんどん難しくなっていき、なかなか理解することができませんでしたが、先生に質問をし理解を深めていきました。そして2年生の2月の検定では、60%程度の点数で、あと10%のところで合格することができませんでした。それからは、今まで以上に勉強をして、7月の検定で全経簿記上級に合格することができました。私は、将来税理士になりたいという夢があります。税理士試験の受験資格でもあるこの検定に合格することができて、本当に嬉しかったです。次は、11月にある日商簿記検定1級にも合格できるように頑張ります。ありがとうございました。

【愛知商業】VR(ヴァーチャルリアリティ)体験!

11月 14th, 2016
コメントは受け付けていません。

10月7日(金)情報処理科3年生「課題研究」の授業にて、VR(ヴァーチャルリアリティ)を体験しました。本格的な装置を身に付け、大学生が製作したゲームを楽しみました。初めて体験する生徒が多く、とても貴重な経験となりました。お忙しい中お越しくださった名古屋文理大学小橋先生、ありがとうございました。

【南陽高校】県内高校初!グローバル化社会へ向けた「楽天海外販売」!

11月 7th, 2016
コメントは受け付けていません。


「楽天IT学校」は、インターネット・ショッピング運営の実体験を通じ、実践的な電子商取引を学ぶことができる授業で、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」の店舗運営ノウハウを高校生向けにアレンジした内容です。生徒は一年を通して職場訪問、インターネット販売における販売戦略の立案、ホームページ作成による売り場の構築、商品プロデュース、販売までを実践していきます。
愛知県立南陽高等学校では一昨年度、昨年度に引き続き、情報ビジネス系列の生徒28名が1年間をかけて楽天株式会社と地元企業と連携しながら授業を行っています。
今年度は、作成したホームページを全て英訳し「海外販売」にも挑戦しています!sweet&sheep様の協力の元、11月より生徒が作成した販売ページを楽天市場にアップロードし、販売がスタートしました。今回の商品は子育てをする女性に対して、服や鞄等の販売を行います。また、日本語のページだけでなく、海外のお客様へ向けた英訳のページも同時にアップロードし、販売を行っています。

特設サイトはこちら

平成28年11月5日中日新聞朝刊

【南陽高校】EVI環境マッチングイベントで講演を行いました

11月 7th, 2016
コメントは受け付けていません。


平成28年10月20日に東京国際フォーラムで「EVI環境マッチングイベント2016-持続可能な社会のための環境貢献最先端成功事例ー」において、「高校生が行うカーボン・オフセットとEVIマークを活用した地域の環境意識改善の取組」と題した講演を行いました。
講演は好評で参加者の方にも非常に多くのお声かけをいただきました。今後も環境にも配慮した取組を実践していきたいと思います。
詳しくはこちら(EVI特設サイト)

【南陽高校】ミナトグルメ「ひなとバーガー」の販売を行いました!

11月 7th, 2016
コメントは受け付けていません。


平成26年8月より、名古屋市港区の「区の魅力発信事業」の一環として、「ミナトグルメプロジェクト」がスタートしました。名古屋市港区の様々な資源を活用して、地域名物の創造し、区内外に地域魅力として発信することで地域の活性化を図るプロジェクトです。このプロジェクトをスタートさせるにあたり、名古屋市港区にある愛知県立南陽高等学校Nanyo Company部の生徒が、地域資源を活用した新名物レシピの考案を行いました。その後、考案したレシピをもとに、平成27年4月より港生涯学習センターで「<なごや学>ミナトグルメ誕生!~作って食べて、港区を盛り上げよう~」という講座がスタートしました。この講座は、港区産の食材を生かしたミナトグルメの普及に関わる人材の育成を目指した講座です。昨年度は「ミナトパイボール」を完成させ、限定300個を完売させました。今年度は8月から高校生もグルメプロジェクトの活動に合流し、商品を完成させ、今回完成した商品は「ひなとバーガー」という名前を付けました。この商品は、南陽地域でつくられている「ひなたむすめ」と港区の「みなと」からヒントを得て名付けられました。
平成28年11月3日(木)に港区区民まつりにて200個限定で「みなぐる」のメンバー、高校生が協働で「ひなとバーガー」を作り、販売をし、午前中に完売することができました。
平成28年11月2日中日新聞朝刊
平成28年11月2日毎日新聞朝刊

【南陽高校】11月5日、6日に栄オアシス21のイベントに参加します

10月 18th, 2016
コメントは受け付けていません。

11月5日(土)「名古屋市消費生活フェア」には本校で商業科目「ビジネス経済応用」を学ぶ生徒が参加し、ステージから「消費者問題が起きない理想のまち」を提案します。午後0:15~0:35、ステージにご注目ください。
【消費生活フェア】
http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000086852.html

6日(日)「なごやHAPPYタウン~こどものまち~」にはNanyo Company部生徒が参加し、フェアトレード商品とオリジナル商品を販売します。また、午後0:25~0:55、ステージから環境に関するクイズを出題しますので、ぜひご参加ください。
【なごやHAPPYタウン】
http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000086896.html

どちらも大変にぎわうイベントですので、ぜひご来場ください。

【南陽高校】EVI環境マッチングイベント2016参加決定

8月 24th, 2016
コメントは受け付けていません。

このイベントはカルネコ株式会社(旧カルビー株式会社カルネコ事業部)が主催するイベントで、クレジット創出事業者と企業および自治体、消費者の三位一体の取り組み事例や先進事例を中心に、官庁、取組事業者、参加企業といった多方面の視点から紹介するイベントです。今回、Nanyo Company部は高等学校におけるカーボン・オフセットとEVIを活用した商品開発の取組事例の発表を行います。
詳しくはこちら→
日時 平成28年10月20日(木)
時間 14:20~14:30
講演タイトル 「高校生が行うカーボン・オフセットとEVIマークを活用した地域の環境意識改善の取組」